山形県立ゆきわり養護学校 201811.4撮影 校舎全景

山形県立ゆきわり養護学校

 

カウンタ

COUNTER246274

リンクリスト

住所

山形県立ゆきわり養護学校
〒999-3145
山形県上山市河崎三丁目7番1号
TEL
職員室           (023)673-5023
事務室           (023)673-3641
寄宿舎職員室(023)673-3610
FAX          (023)673-3608
E-mail: yyukiwariyo@pref-yamagata.ed.jp
HP: http://www.yukiwari-sh.ed.jp

Copyright (C) 2014 山形県立ゆきわり養護学校 All Rights Res
 

第3回ボッチャ選抜甲子園

 8月8日(水)に、東京都港区スポーツセンターで第3回全国ボッチャ選抜甲子園がありました。全国から選抜された24校が集結し、優勝目指して熱き戦いが行われました。本校からは、高等部生徒4名が出場しました。初出場ながら、1勝1敗、リーグ2位の成績を収めました。惜しくも決勝トーナメントには進めませんでしたが、ボッチャを通して全国の仲間たちと交流することができました。


ジャックボール(目標球)狙って、真剣な眼差しです。


ランプ(ボッチャ用投球台)を使用し、投球しました。


一球入魂!!
気持ちをこめて狙います。



キャプテンとしての役割も果たしました。


 

上山明新館高等学校の生徒と一緒に学習しました。

 10月13日(土)、上山明新館高等学校のJRC委員会の生徒4名と一緒に、山形県のゆるキャラ、「ペロリン」を一緒に制作しました。
顔を合わせたときは、お互いに緊張した様子でしたが、言葉を交わしたり触れ合ったりしながら一緒に活動に取り組んでいるうちに笑顔が見られるようになりました。

お互いに緊張している様子の顔合わせでした。



優しい言葉かけに促され、手を動かしてカスタネットバサミを押し、毛糸をたくさん切りました。


一緒に活動する中で笑顔がたくさん見られました。




同年代の人たちとの交流学習で有意義な時間を過ごすことができました。
 

平成30年度 高等部

<高等部 目標>

  「相手の気持ちを考えながら、
          誰にでも、自分の思いや考えを伝えることができる。」
  「周りの状況に気づき、
        自ら判断し、自分の仕事や役割に取り組むことができる。」
  「自分のこと、友だちのことを大切にできる」

 

アビリンピック山形見学

 7月10日 アビリンピック山形の見学に行ってきました。
 スクールバスでビックウイングまで行き、午前中見学してきました。
 競技は22種目。「洋裁」「家具」「義肢」などの「ものづくり」関連、「データベース」「ワードプロセッサ」などの「IT」関連、「フラワーアレンジメント」「喫茶サービス」などの「サービス」関連といった、多くの業界に関係する職業技能種目でした。

 ワードプロセッサ競技の見学です。 圧倒されています。
ワードプロセッサ競技観戦中

 休憩中の先輩にお話をお聞きしています。
ゆきわりの先輩が出場していました。いろいろ聞いています。
 

高等部、校外学習に行ってきました!

 

 7月4日(水)と5日(木)に、校外学習で南陽市にある「夕鶴の里」に出かけてきました。

 プロの語り部の方からいろいろなお話を聞かせていただきました。


 「鶴の恩返し」の発祥の地として、話の中には南陽市の土地や建物の名称が取り入れられていたり、昔ながらの言い回しで語られたりしていました。

 普段の学習で取り組んでいる読み聞かせとは一味違った読み聞かせに、生徒たちはじっと聞き入ったり、笑顔になったり、声を出したりして楽しんでいる様子が見られました。


 施設の見学もしながら、鶴の恩返しの世界観に浸ってきました。


 
「スプーンの会」による読み聞かせ(高等部A、B、C、D、E学級)
 
読み聞かせを見よう・聴こう!

 
 
 6月14日(木)、上山で活動されている「スプーンの会」の皆さんを学校にお迎えして、読み聞かせをしていただきました。
 いつもとは違う特別な雰囲気の中、声の調子の変化や言葉のリズムを感じながら、見たり聴いたりしました。
 わくわく、ドキドキの楽しい読み聞かせに素敵なひとときを過ごすことができました。




 



 




 

平成30年度 運動会

山形県立ゆきわり養護学校

平成30年度運動会 高等部種目「カローリング」

カローリングとは、屋内で行うカーリングに似た競技です。カーリングのストーンの代わりにジェットローラーという円盤を使います。カーリングと同じように、 円の中心めがけて投球します。本校では、赤白56人ずつのチームに分かれ、ジェットローラーを各組1人ずつ交互に投球します。最後の1人が投げた後のジェットローラーの位置が、中心に一番近いチームが勝ちです。白組3チームと赤組3チームが対戦しました。